板書とるのキツい!簡体字とか使って楽する

こんにちは、銀ふくろうです。

前々回やった「簡体字で板書を楽にする」という記事がそれなりにウケたので、今回はその続きをやっていきたいと思います。
ただ正直​イマイチなので少し手を加えることにしました。
ではまずこの字から。

​①かねへん
​金属でもお金でも日常でよく使われる「かねへん」。大抵の場合部首以外の方が単純な字になっていますよね。すると​余計にかねへんを書くのがダルい。
​中国ではそこでこうなりました。
ですがこれ…まだめんどいですよね。
​そこで筆者の知人が教えてくれました。
​「金クレって感じで書いたらよくね?」
​つまりこういうことです。
​ああ、いい。
書きやすいですし、しっくり来ます。
これはいい(2回目)。友人に感謝です。
​②幾
​機械だったり機会だったりとそこそこ使うこの字。筆者からしてみるとこの字から漂う​カラクリ感​を覚えます。ロマンが有るのはいい事なんですが、​実用性に欠けます。​一応常用漢字なんですけどね。
これは簡体字ではいい感じになります。
几帳面の几の字ですね。わずか2角。これで機会の機もこの通り。

つくえ、ですね。これも便利です。
いかがでしたか。今回はこの辺で。
またお会いしましょう。
最後までご覧頂き有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA